自分と自分の宇宙はない -無から始まる新しいLifestyle-

認識技術『観術』を活用して、無の境地から真実以上に美しい現実を生きる21世紀の悟りのライフスタイルを発信しています。

スクリーンの外から今ここを創造する生き方 〜認識技術とは何なのか?2〜

ご訪問、ありがとうございます。

無から始まる新しいライフスタイルを提案する塩見典子です。

 

今日も「認識技術とは何なのか?」についてお話したいと思います。

 

前回はこの現実はVR(仮想現実)のゲームのようなものだとお話ししました。

  

shiominoriko.hatenablog.com

 

誰かが設計したVRゲームの中で沢山の知識・技術を身につけて人生を展開させていく生き方から、VRのメガネを外しゲームの外に出て自ら新しいゲームを設計しゲームを楽しむ生き方が出来る技術が認識技術です。

 

 

映画に例えると、映画の映像の中にいる自分が映画のスクリーンの外に出るようなイメージです。

 

 

映画館に行くと上映前には白いスクリーンがありますよね。

 

 

f:id:shiominoriko:20170611133235j:plain

 

 

その白いスクリーンをBack Screenと呼びます。Back Screenに映像が映し出され、映画が始まります。

 

私たち人間がみている世界も同じ事なのです。

 

 

4次元の真空エネルギーのスクリーンであるBack Screenに映し出された3次元の映像Screen、138億年の壮大な映画の中に生きているのです。

(詳しくは、認識セミナーでご確認ください。)

 

 

Back Screen無しでは映像Screenは成り立ちませんし、Back Screenだけでも映画が成り立ちません。4次元のBack Screenと3次元の映像Screenを両方成り立たせる強烈な5次元の1パターンの動き・永久エンジンがあるのです。

 

この5次元の1パターンの動きと4次元のBack Screen、3次元の映像Screenが全てつながりあって今ここが成り立っています。

 

 

f:id:shiominoriko:20170611133612j:plain

 

 

あなたの身体を動かす動作も、心臓の動きも、今思い浮かんでいる考えや感情、発する言葉も完全に独立して存在することは出来ません。

 

呼吸ひとつするにも、自分の身体が正常に機能し、植物が酸素を生成し、地球が正常に自転・公転し、太陽系も銀河系も宇宙空間全体が正常に機能して、今、呼吸ができるのです。

 

 

宇宙全てが協力しなければ、あなたは1秒も呼吸をすることができません。

 

 

その宇宙全てを存在させ、その存在を変化・運動・移動させる永久エンジン、5次元HITOTSUの動き、それが本当のあなたなのです。

 

 

VRのメガネを外した時に出会う、凄すぎる自分!今ここ、強烈なスピードで宇宙を創造破壊する、これまでの人間の観念を抜き超えた世界を、論理とイメージで認識再現する技術が認識技術です。

 

 

皆さんは映画を観る時に、映画の登場人物になりきってしまいますか?

主人公が逃げれば、自分も走って逃げたり、主人公が大きな声で歌えば自分も大きな声で歌ってしったり。。。

 

そうはなりませんよね。

これは映画だとわかった上で、映画を楽しみます。

 

逆に、「これは映画だ、これは映画だ、騙されないぞ。」と注意して観る人はいますか?

 

それもありません。

それで2時間過ごせば、何のためにお金を払って映画を行ったのかわかりません。

 

映画を観る時は、映画のスクリーンの外に心をおいて映画を楽しみます。

 

認識技術も同じです。

 

人間の観点の固定され、自分の考え・感情に支配される生き方や、「現実は脳の錯覚だ、騙されるか!」と虚無になる生き方ではなく、

 

 

スクリーンの外から今ここを楽しむ生き方を案内しています。

 

 

自分と自分の宇宙が実在すると思い込んだ上で、‘過去’の経験体験のイメージから今を決定して生きる生き方、過去の経験体験のイメージを切って‘未来’ビジョンから今を決めて生きる生き方ではなく、

 

ゲームの外から「今ここ」を楽しんで、最大限の能力を活用し現実を創造する生き方を案内しています。

 

認識技術を活用して、今ここワクワクの究極の主体性を回復しましょう!

 

次回は、人間の苦しみの原因、ストレスの根本原因についてお話しします。

 

 

塩見典子

 

 

 

凄すぎる自分に出会う認識技術 〜認識技術とは何なのか?1〜

ご訪問、ありがとうございます。

無から始まる新しいライフスタイルを提案する塩見典子です。

 

今日は「認識技術とは何なのか?」についてお話ししたいと思います。

 

これまで私たち人類が主として開発してきた技術が「科学技術」です。

科学技術は物を変化させて自分の外を開発する技術です。

 

 

それに対し「認識技術」は、観点を変化させ自分の内を開発する技術です。

 

 

では「観点」とは何でしょうか?

 

一言で「観点」と言っても、一人一人が持っている考え方のレベルだけではありません。

もっと根本的な人間共通の脳の観点もあるのです。

 

 

イメージしてみてください。

 

 

皆さんは Virtual Reality(仮想現実)ゲームをしています。

 

 

f:id:shiominoriko:20170608163304j:plain

 

 

朝起きて、街の中に立った瞬間から始まるVRゲームです。

 

 

皆さんは、朝起きて街の中に立っています。

 

 

f:id:shiominoriko:20170608162643j:plain

 

 

皆さんは、自分がゲームをやっていることも、このゲームがどんなゲームなのかわかりません。

 

 

自分が何者で、どこからきてどこに行こうとするのか、

何を知るべきで、何をやるべきで、何を希望すればいいのかもわかりません。

 

ゲームのルールもわからないし、誰が敵で誰が味方なのかわかりません。

敵がいるのか、味方がいるのかさえわかりません。

 

そんな状態でもゲームの場面はどんどん進行して行くので、なんとか動きながら、仲間を増やしていきます。

 

 

皆さんは、そのゲームの中でどんな知恵や技術を身につけますか?

 

 

ウサギを探してとる技術?

相手から敵と思われないように仲良くする技術?

 

物を作って販売する技術、事業を起こして経済活動を広げる技術、パートナーを見つけて家族や仲間を増やす技術、敵を殺す技術など、たくさんの知恵と技術を習得し、死なないように一生懸命がんばります。

 

 

実はこれが、私たち人間がやっている人間ゲームなのです。

 

 

私たちは生まれた瞬間から、既にゲームが進行しています。

誰かがつくったゲームの中に、オギャーと生まれ、突然人生が始まります。

 

誰も人間がどこから、どのように、何のために来たのか、どこに向かって、どのように生きていくのかを教えてくれません。お母さんやお父さん、学校の先生もわからないのです。

 

その状態で、たくさんの情報知識や技術を身につけ、淘汰されないように一生懸命その時代の固定観念に合わせて生きているのです。

 

 

では、沢山の知識技術の中で認識技術とはどのような技術でしょうか?

 

 

認識技術はVRゲームのメガネを外す技術です。

 

 

VRのメガネを外すことで、このゲームを全て設計できる凄すぎる自分に出会うのです!

 

 

地球の外に出た時に地球の自転・公転がわかるように、ゲームの外に出た時に、ゲームの仕組みやルールが見えるようになります。

 

人間共通の「人間の観点の外」に出た時に、人間ゲームの秘密がわかるのです。

 

そして、イメージ言語を使って人間ゲームを自由に設計し、ゲームを楽しむことができるようになる技術が「認識技術」です。

 

これは、人間の脳がみている映画のスクリーンの外に出る技術でもあります。

 

次回は、スクリーンの観点から認識技術とは何なのかをお話しします。

 

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごし下さい。

 

 

塩見典子

 

 

「宇宙一美しい奇跡の数式」読書シェア会を開催します

ご訪問、ありがとうございます。

無から始まる新しいライフスタイルを提案する塩見典子です。

 

清々しい初夏の季節になりましたね。

皆様、お元気でお過ごしですか?

 

わたしにとって大きな節目となる5月の結びを終えて、6月から今一度人生の設計図を描きなおしています。

 

これまでの因果やネバべき(こうしなければならない、ああするべき)を、自分と自分の宇宙ごと全てゼロ化して、今ここ自らの意志で人生を再設計し意思決定できることは、観術の醍醐味ですね。^^

 

 

6月からの新しい取り組みの中で、Nohさんの新著「宇宙一美しい奇跡の数式」を用いた読書会を開催したいと思います。

 

 

shiominoriko.hatenablog.com

 

 

本書をご紹介すると「その本、最近よくありますよね!」「その本読みましたよ!」よいう嬉しいお言葉をいただきます。

 

 「宇宙一美しい奇跡の数式」を通して、沢山の方に21世紀の論理とイメージの悟りの可能性を共有することができるようになりました。

 

そして、よくおっしゃるのが、

 

 

「面白い!なんとなくわかる・・・だけど、よくわからない。」

 

 

はい、その通りです!笑

 

観術は論理とイメージなので、この本に出てくるワンステップワンステップにもっと細かい、奥深い世界があるのです。

 

この本はりんごで言うなれば、りんごの存在を知らない人が、「りんごってあるらしいよ」とその存在があることを知るようなものです。

 

実際にりんごの香りをかいで、りんごを食べてみる。

 

りんごの木を苗を育て木を植え、りんごを収穫して販売できる。

 

 

りんごの育て方を教えて、みんなで美味しいりんごを食べることができる技術が「観術」です。

 

 

 

  f:id:shiominoriko:20170605110220j:plain

 

 

もう少し、ここが知りたい!

日常でどうやって使えるの?

実際、観術を使ってみてどうなの?

こんな話しができる仲間が欲しい!

 

など、何でもお気軽にご参加ください。

りんごを味わってもらうきっかけになれればと思います。

 

今ここワクワク、無限の可能性で生きられる仲間をつくりましょう!

お会いできるのを楽しみにしています♪

 

塩見典子

shiominoriko.hatenablog.com

 

 

 

 

 

【6/20 大阪】「宇宙一美しい奇跡の数式 0=∞=1」読書シェア会

ご訪問ありがとうございます!

観術セミナー講師の塩見典子です。

 

昨年末に出版されたNoh Jesu氏新著、待望の一冊

「宇宙一美しい奇跡の数式 0=∞=1」

 

     f:id:shiominoriko:20170519210532g:plain

 

 

「悟り」を科学科した本書をもとに読書シェア会を開催します。

 

イメージ言語の開発によって、誰もが今ここで宇宙を創造破壊する無限の可能性そのものである『本当の自分』を認識再現可能になりました。

 

 

『人間は、ほんとうにすごい!』

 

 

自分(認識主体)が創造主であることを論理とイメージで理解できれば、人間が本来持っている有能感、全能感が湧き上がります。

 

21世紀の論理とイメージの悟りに関心がある皆様、是非ご参加ください。^^

 

 

================================================ 

本書にあてたNoh Jesu氏のメッセージ

 

人生の絶望の底、自殺一歩手前のあの時に発見した、0=∞=1の、真実の世界。

人間の本当の素晴らしさ、自分の本当の素晴らしさに歓喜で打ち震えたあの日。

そして伝え始めた、この宇宙の根源に隠れた、たったひとつの「無の仕組み」。

その内容を今このような形で、日本の皆さんに読んで頂けることに、

心の奥深くから感謝いたします。

日本から、全世界へと、人間の尊厳の花が咲き誇りますように。

 

Noh Jesu  

   

f:id:shiominoriko:20170519210709j:plain

 

 

 ================================================

★詳細★

・日時:2017年6月20日(火)19:00~21:30

・場所:大阪府大阪市北区豊崎3丁目 

 地下鉄御堂筋線中津駅近くのカフェ

 (お申し込みいただいた方に詳細をご連絡いたします)

・参加費:500円(別途、飲食代は各自お支払いください)

・持ち物:「宇宙一美し奇跡の数式」

・定員:6名

・会の流れ

 自己紹介

 フリータイム(お食事・歓談)  

 本を使ったシェア

 感想

 インフォメーション

・お申し込み:6月20日 「宇宙一美しい奇跡の数式 0=∞=1」読書シェア会(大阪府)
kokucheese.com

 

 ================================================ 

 ★こんな方におススメ★

・「宇宙一美し奇跡の数式」を読んで面白かった。人生に活かすためにはどうすればいいの?

・観術に関心があるけど、実際どんな人達がやってるの?

・こんな話ができる仲間が欲しい!

・論理とイメージの悟りを使って新しい生き方をしてみたい!

・NohJesu氏に会ってみたい!

など、興味を持たれた方は是非ご参加ください。

 

  ================================================

 ★主催者★

f:id:shiominoriko:20170306080124j:plain

 

初めまして、観術セミナー講師の塩見典子です。

 

2000年末からNoh Jesu氏と活動を共にし、早いもので17年目になります。

山あり谷ありの17年でしたが、認識技術のコンテンツが完成し、論理とイメージで誰もが人間の無限の可能性、絶対尊厳を認識再現できるようになった今、一人でも多くの方とこの感動を分かち合いたいと思っています。

 

皆さま、お気軽にご参加ください。^^

 

 

韓国人のNoh Jesuが21年かけて伝えたJAPAN MISSION

ご訪問、ありがとうございます。

無から始まる新しいライフスタイルを提案する塩見典子です。

 

先日は17弾JAPAN MISSION PROJECTにご参加いただき、誠にありがとうございました。また、沢山のご支援、ご協力、ご声援をいただきありがとうございました。

 

おかげさまで全国リレー講演を大盛況のもと無事に開催することができました。

 

f:id:shiominoriko:20170519123726j:plain

 

 

JAPAN MISSION PROJECTは21年前に人間の無限の可能性に目覚め、日本の底力に出会った一人の韓国人から始まりました。

 

 

「韓国人でありながら、なぜ日本のミッションを?」

 

 

いつも問いかけられる質問でした。

 

しかし、人間の五感覚脳の観点から自由になった彼には、韓国も日本も実在していませんでした。

 

無限の可能性そのもの、絶対尊厳から、今ここをみた時、この時代の鍵は日本の涙にある、そう確信したのです。

 

 

「真実がHITOTSUしかないなら、なぜこの時代を変革させようとするの?」

 

現実は脳の錯覚だと言っているのに、なぜ現実で変革を起こそうとするんですか?ノさんは悟っていないんじゃないの?

 

このご質問もよくありました。

 

観術の悟りは「差とり」です。

現実と真実の格差さえとって、現実に応用活用可能な悟りの技術です。

 

真実はHITOTSUしかない、目の前の現象に囚われて右往左往するのはおかしいと、目の前の愛する人が不幸になるのを放っておくのは本当の愛でしょうか?

 

真実はHITOTSUしかないと、世界中で戦い苦しんでいる多くの人間仲間を放っておくのは、本当の平和でしょうか?

 

個人の心の平和にとどまる悟りは、真理を現実に応用活用する術がなかったからです。

 

「観術」という認識技術によって、誰もが真理を客観的認識再現できるようになった今、個人の心の平和、絶対尊厳は当然として、悟った人達の連帯が可能になりました。

 

現実で起こる問題の根本原因(観点の問題)をしっかりと認識し、無限の可能性から新しい秩序を再構築できる人間の創意性と革新性が爆発する時、出口が見えないと思われた現実的な問題も解決に向かうことができるようになります。

 

心の世界でも現実の世界でも、人間の絶対尊厳は実現できる、私もノさんに出会い、そう確信するようになりました。

 

 

そして、21年前、今よりもっとひどい嫌韓論の海の中で人間の無限の可能性、心の時代を語った彼に日本人は言いました。

 

 

「宗教・カルトじゃないの?韓国人だから統一教会じゃないの?」

 

 

21年前、「0=∞=1」その究極のエッセンスだけがあった時代。

 

共に活動した私たち自身も観術の真髄を理解することが困難で、自分なりに理解した世界をお伝えするという非常に未熟な状態でした。

 

その中で、伝達の未熟さもあり民事訴訟が起きたこともありました。

 

怪しい宗教だ

 

カルト集団だ

 

韓国人のくせに、韓国に帰れ

 

 

 

韓国人である彼に対するバッシングは特に酷いものでした。

 

沢山の誹謗・中傷の中で遣る瀬ない仲間の前に、彼は静かにいいました。

 

 

「わたしがなんと言われてもいいんです。

 

 いつか、わかる時がくるから。

 

 いつか、日本が目覚める時がくる。

 

 その時まで、わたしたちの未熟をこえて、しっかりと準備をしましょう。」

 

 

そうやって一歩一歩、歩んできたのが観術のJAPAN MISSION PROJECTです。

 

21年がたち、誰もが客観的認識再現できる認識技術が完成して、その技術を使って多くの日本人が心の時代をリードする日本の使命に目覚めるようになり、沢山の仲間と理解者が広がっています。

 

 

f:id:shiominoriko:20170519123708j:plain

 

 

一人一人の心の奥底に眠っていた大和魂の涙に何度も何度もノックをしてくれたノさんに心から感謝しています。

 

これからは、真実に目覚めた日本人一人一人が、隣の日本人の心をノックする。

 

日本が真実に目覚め一滴の涙に解けるその日、人類は大きくバージョンアップします。

 

そのきっかけをつくってくれたノさんは日本の宝だと思います。

 

是非、皆さん、そんな彼に出会ってみてください。

 

 _____________________________________________________

観術創始者Noh Jesuと直接交流できる

 「超未来塾 ~AI(人工知能)を超える人間力とは~」

只今、東京・福岡・大阪・北海道で開催中!

____________________________________________________

 

 

不可能を可能にさせた400万人のチームプレー 〜歴史を知る2〜

ご訪問、ありがとうございます!

無から始まる新しいライフスタイルを提案する塩見典子です。

 

皆さんは「京都」といえばどのようなイメージがわきますか?

 

日本の伝統文化や古き良き都など、ずっと変わらない静かな佇まいが思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。

 

 

しかし、京都は東京遷都を機に大変革を成し遂げ、全国に先駆けた新たな試みを次々に実行し実現させた近代都市創造の躍動的な一面もあるのです。

 

 

日本初の小学校の設置や京都博覧会、赤煉瓦の近代建築の建設など、中でも目を見張るのが琵琶湖疎水建設とそれに伴う日本初(世界2番目)の水力発電の実施です。

 

電力の発電により、製造機機の発達や、水路による運輸、田畑の灌漑や火災防御、米の精米や衛生面の質も向上し、電気鉄道の開通や家庭人も街灯が灯るようになり、市民の生活は遥かに向上しました。

 

 

この工事で日本初の多くの技術が生まれ、技術者たちは日本全国に新しい技術を伝え日本の近代化を推し進めました。

 

関西は日本の近代化の礎を築いた土地なのです。

 

 

今日は、この琵琶湖疏水工事についてご紹介したいと思います。

 

東京奠都に伴い実質上日本の中心は東京に移り、京都は大きな打撃を受け人口も30数万人から20数万人へと激減したと言われています。

 

 

この危機をチャンスに大反転させたプロジェクトが3代目京都府知事の北垣国道が提案した琵琶湖疏水工事です。

 

 

平清盛豊臣秀吉も叶わなかった前例のない夢の大工事。

 

琵琶湖のある滋賀県や水害に弱い大阪からの反対、京都府民からの増税に対する反対も説得し、125万円(現在の約1兆円)の予算を投じて計画が進められました。

 

北垣知事の京都の未来に対する想い、具体性のある展望と熱意が胸を打ち市民が一体となっていったのです。

 

この一大工事の指揮をとったのはわずか21歳の若者、田辺朔郎でした。

予算の都合から外国人技師を呼ぶことはできず、日本人だけで施工した初の大規模工事は、ダイナマイトと鋤だけで行われました。

 

 

400万年動かなかった琵琶湖の水を、400万人の日本人が団結して新しい土地へ流す琵琶湖疏水工事は、チームプレーによって不可能を可能にさせる日本人の底力を発揮した一大プロジェクトでした。

 

 

昨年、琵琶湖疏水記念館を訪れた際に感じたことは、「不可能」という文字が一ミリもない、必ずできる、出来ない理油がないという当時の人たちの強い自信感でした。

 

 

一人一人が全ての考え・感情・言葉・行動・関係構築を「どうすれば出来るのか?」に一点集中させ、最適化されたチームプレーを発揮し、未来の為にこれまでにない創造をする、人間として最高のチャレンジを実践したのです。

 

 

その実績がある関西の土地。

 

これまでの世界秩序が崩壊し、人工知能の危機が押し寄せる現代に、新たな突破口を切り開く関西のポテンシャルを感じました。

 

皆さんも是非、関西の底力に触れてみてくださいね。

 

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごし下さい!

 

 塩見典子

 

 

以下は、JAPAN MISSION PROJECT実行委員のメンバーが描いてくれた関西ミッションの漫画です。是非、ご覧ください♪

 

 

f:id:shiominoriko:20170428122903p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道を開拓した先人たちの意志 〜歴史を知る1〜

おはようございます。

無から始まる新しいライフスタイルを提案する塩見典子です。

 

先日、JAPAN MISSION PROJECTの全国リレー講演のため、北海道に行っていました。

 

 

翌日は、月形樺戸博物館に行くツアーに参加し、100年で人口が500万人増加し、急成長した北海道の根本に出会う旅となりました。

 

 

   f:id:shiominoriko:20170427085548j:plain

 

 

北海道は、南は本州、北は樺太と繋がっており、地理的に見ても南と北の文化を融合して育まれた文化(アイヌ文化)です。

  

1853年ペリーの来航をきっかけに265年続いた江戸時代が終わりを迎え明治政府が樹立され、

 

ロシアが侵略してくるかもしれない脅威に対抗するため、急がれたのが北海道の開拓です。

 

 

一帯が原生林に覆われ、一年の半分が雪に埋まる当時の北海道を開拓したのは、開拓農民や、四民平等により仕事を失った武士、明治維新に敗れ投獄された囚人たちでした。

 

 

日本全国から集められた囚人たちの中には犯罪者もいれば、国の未来を想い命懸けで活動した国事犯たちも多かったのです。

 

 

観点の違いによって投獄され、未開の大自然と戦い、想像を絶する厳しい環境の中で開拓され受け継がれたのが今日の北海道です。

 

 

日本の未来のため、この土地を人の住める土地にするため、そして何より生き残るために、生死をかけた開拓の土地。

 

 

勝った侍たちによって成し遂げられた明治維新

負けた侍たちによって成し遂げられた北海道開拓

 

 

‘今’をつくってくれた先人たちの歩みと意志を知り、感じて、自分と融合し、新しく歩んでいく、

 

歴史を知ることは、命をつないで成し遂げるプロジェクトの一員として、より深く繋がった生き方ができる入り口なのだと思いました。

 

 

JAPAN MISSION PROJECT実行委員の方が、北海道のミッションを漫画に描いてくださったものがあるのでご紹介します。

 

ぜひ、ご覧くださいね!

 

f:id:shiominoriko:20170427085751p:plain