自分と自分の宇宙はない -無から始まる新しいLifestyle-

認識技術『観術』を活用して、無の境地から真実以上に美しい現実を生きる21世紀の悟りのライフスタイルを発信しています。

時代を知る力 ~人生を変える目標計画4~

おはようございます。

無から始まる新しいライフスタイルを提案する塩見典子です。

  

目標計画を立てる上で、大切なポイント3つは何でしょうか?

 

1つ目は新しいアイデンティティの設定

2つ目は時間の概念について

 

 

そして3つめは、「時代を知る力」です。

 

 

綺麗な海に住むお魚さんは健康になり、汚れた海に住むお魚さんは不健康になるように、人間も環境との相互作用によって生きています。

 

 

 

 

f:id:shiominoriko:20170409075307j:plain

 

 

例えば、日常の中でもマイナスばかりみる人に囲まれている時の自分と、プラスをみる人に囲まれている自分では質量の感じ方が違いますよね。

 

どんなに速く走る練習をしても、そこが沈没する船の中なら意味がありません。

 

 

先ず、船の沈没を止めるか、船から脱出することが先決です。

 

 

私たちが影響を受ける環境は、日常の人間関係、仕事の環境、経済や政治の影響など様々な環境がありますが、

 

 

私たちにとって土台となる一番大きな環境は「この時代」です。

 

 

私たちが生きるこの時代がどんな時代なのか、どこに向かおうとしているのかを知ることがとても重要です。

 

現代は産業社会・情報知識社会の究極である人工知能が誕生し急速に進化しています。

 

2017年にはコンピューターが人間の脳の情報処理能力を超え、2029年にはAIが人間一人の知能を超え、2045年には全人類を合わせた知能を越えると予測されているシンギュラリティ(技術的特異点)を迎えようとしています。

 

グーグルCEOラリー・ペイジ氏は「20年後、あなたが望もうが、望むまいが現在の仕事のほとんどが機械によって代行される」と提唱しています。

 

 

これまでとは大きく時代が変わる激動の現代。

 

 

特に、これからの時代担っていく若者はこれまでの常識が通用しない社会の海を泳がなくてはなりません。

 

人生を設計する目標計画を立てるために、自分自身がどの様な時代を生きているのか、環境を知る力を高めましょう!

 

それでは今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

 

 

塩見典子

 

 

目標計画のカギは時間の概念 ~人生を変える目標計画3~

おはようございます。

無から始まる新しいライフスタイルを提案する塩見典子です。

  

 

人生を変える目標計画を立てる為には、まず新しいアイデンティティの設定が重要です。

 

 

では、新しいアイデンティティを設定できれば次はどうすれば良いでしょうか?

 

 

次に設定するのは『時間の概念』です。

 

 

 

f:id:shiominoriko:20170407201629j:plain

 

 

 

時間はどのように流れていると感じていますか?

 

 

多くの方は過去→現在→未来だと感じています。

 

 

もちろん、私もそうでした!

 

 

しかし、人間の観点固定を外してHITOTSUしかない真実から観ると『時間』も人間の概念に過ぎないことがよくわかります。

 

 

(時間・空間・存在が生まれる仕組みは認識セミナーでお伝えしていますので、ご確認くださいね!)

 

 

真実HITOTSU(5次元・無限次元)から今ここ(3次元)を再創造する時、時間の流れ方は未来→現在→過去へと変化します。

 

 

未来→現在→過去

 

 

どこかで聞いたことがあるかもしれません。

 

しかし、「言うは易し行うは難し」で自分と自分の宇宙が実在していると根深く確信している人間の脳の観点の中では、必ず過去のイメージから出発してしまいます。

 

 

「未来からのセッティング」と思っていても、その未来は過去の延長や過去の反転にとどまっているのです。

 

こちらは観術セッションを通して明確に確認できます。

 

明確に確認し、浮き彫りにすることで変化の糸口を掴むきっかけになります。

 

 

観点を上昇させてみれば自分と自分の宇宙は実在しない、過去は実在するものではなく、自分の観点の解析の結果であり思い込みの蓄積です。

 

 

それが腑に落ちて時間概念が変わる時、未来からの目標計画を立てられるようになるのです。

 

 

何ものにも縛られない大自由の心で未来から今ここを創造しましょう!

 

塩見典子

 

新しいアイデンティティを設定す必須条件 〜人生を変える目標計画2〜

おはようございます。

無から始まる新しいライフスタイルを提案する塩見典子です。

 

目標計画をつくる上で最も重要なポイントが「アイデンティティ」です。

 

自分自身に対するイメージが変化しなければ、現象世界においても本物の変化をつくる事ができません。

 

 

では、本物の変化とはなんでしょうか?

 

 

例えて言うならば、夢の中でストーリーが変化する世界と、夢から目覚めて現実に戻る世界は次元が違いますよね。

 

 

まさしく人間も今、夢の中に生きているのです。

 

 

  f:id:shiominoriko:20170407093650j:plain

 

 

一人一人の脳がみている夢の中で多様なストーリーに翻弄されながら泣いたり笑ったりしているのが私たちです。

 

いくらがんばっても脳がみている世界はいつも部分だけ、違いだけ、過去とつなげて、有限化してみている世界なのです。

 

夢の中では無意識で過去のイメージとつなげてしまい、新しいアイデンティティを持ちにくいのです。

 

 

ではどうすれば夢から目覚められるのでしょうか?

 

 

夢の中に留まらせるのは「脳」ですから脳を目覚めさせる必要があります。

 

脳がみている夢の大前提が「自分と自分の宇宙が実在している」事です。

 

 

夢から目覚めてみれば自分と自分の宇宙は実在しない事を、論理(左脳)とイメージ(右脳)で明確に理解し、実感する事で夢から目覚められるようになります。

 

 

人間の脳が見せている夢から目覚め、「自分と自分の宇宙が実在しない」すべての固定観点・固定概念が一掃された真実の世界に戻って初めて、全てが無限の可能性そのものである事が当然のようにわかるようになります。

 

 

その時、自らの意志で新しいアイデンティティを設定可能になるのです。

 

 

夢から目覚めて、新しいアイデンティティを設定しましょう!

 

 

塩見典子

 

 

自分と自分の宇宙が実在しないことを論理とイメージで理解する認識技術はこちら!

http://www.nr-japan.co.jp

目標計画をつくる為にもっとも重要なポイントは? ~人生を変える目標計画1~

おはようございます。

無から始まる新しいライフスタイルを提案する塩見典子です。

 

桜花爛漫、4月になりグンと春らしくなりましたね。

 

内に閉ざれていた生命が一気に芽吹く春。

 

NRグループの21年のプロジェクトのピリオッドを迎える2017年の春は、今まで準備した全てが一気に芽吹くこれまでの春とはまた次元の違う春の喜びを感じてワクワクしています。

 

 

さて、今日から目標計画について考えたいと思います。

 

 

目標計画をつくるにあたって最も大事なポイントは何でしょうか?

 

 

 

f:id:shiominoriko:20170406093502j:plain

 

 

 

それは「アイデンティティ」です。

 

 

アイデンティティとは、自己が環境や時間の変化にかかわらず連続する同一のものであること、主体性、自己同一性

 

 

つまり『自分自身をどう思うのか』なのです。

 

 

例えば、自分自身をOLだと思えばOLとして、起業人だと思えば起業人として、時代を変革する革命家だと思えば革命家として目標計画をたてます。

 

 

このアイデンティティを土台にエネルギー・イメージ・感情・思考・表情・言葉・行動・関係構築が生まれます。

 

 

現象世界でわかりやすい、やり方のスキルアップ、言葉遣いや行動の変化、関係構築の仕方、考え方や感情の持ち方に着目した目標計画をたてやすいのですが、

 

 

新しいアイデンティティを設定しない目標計画は、目先の問題を回避する消極的な目標計画に留まってしまいます。

 

 

自らの意志、願望を具現化させる積極的な目標計画には、新しいアイデンティティの設定が最も重要になるのです。

 

 

明日は、効果的なアイデンティティの設定をする為のポイントをお伝えします。

 

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごし下さい!

 

 

塩見典子

 

 

 

 

考えのループから脱出しよう!

おはようございます。

無から始まる新しいライフスタイルを提案する塩見典子です。

 

今日は、私たち人間が常に行う「思考」について考えてみたいと思います。

 

朝起きてから夜眠るまで絶え間なく働く思考を土台として、私たちは生きています。

 

 

その考えの数は、一日でおよそ6万個に上ります。

 

   

f:id:shiominoriko:20170405092912j:plain

 

 

 

更に科学者によると、その内98%は前日の繰り返しで、新しい思考は6万個の内たった1000個と言われています。

 

 

人間は思考を土台として言葉・行動・関係性を築き人生を構築していますが、土台となる思考の98%が昨日の繰り返しであれば、98%の言葉・行動・関係性は昨日と同じことを繰り返していると言う事になります。

 

 

また、心理学において人間の不安・悩み・葛藤に対してこの様に言われています。

 

1)起きない未来に対しての不安が40%

 

2)もう起きた過去に対しての不安が30%

 

3)悩んでも意味がない小さな悩みが22%

 

4)悩んでも自分自身では変化不可能な悩みが4%

 

5)そして、自分が頑張れば変化させられる悩みが4%

 

 

この5つの悩みの内、意味のある悩みはどれでしょうか?

 

1)起きない未来に対しての不安

→悩んでも意味がない、妄想 

「このボルペンが桃になったらどんな味になるんだろう?」といううくらい起きない未来に対して考えを浪費する

 

 

 2)もう起きた過去に対しての不安

→現実に執着して後悔しても仕方がない、そこから何を学び、どんな未来を作りたいのかが重要

 

 

3)悩んでも意味がない小さな悩み

→目の前の人の寝癖がきになる・・・。どうでもいいよ。

 

 

4)悩んでも自分自身では変化不可能な悩み

→(自分と直接関係のない)◯◯の会社倒産するらしい、どうしよう・・。 

自分自身が直接的に関われる悩みが現実の変化をつくれる

 

 

5)そして、自分が頑張れば変化させられる悩み

 

 

この「自分が頑張れば変化させられる悩み」が唯一現実の変化につながる意味のある悩みですが、多くの人は1)~4)の96%の考えても解決しない悩みに思考を支配されやすいのです。

 

 

いつも思考を道具に、新しい自分、新しい出会い、新しい人生を過ごしたいと思っても、いつもと同じ考え感情・言葉・行動、いつもと同じ人間関係・悩み・葛藤を抱いてしまうのでしょうか。

 

 

それは思考が生まれる原因である「認識」に根深い理由があるのです。

 

 

人間の五感覚脳による認識パターン(①部分だけをとる②違いだけをとる③過去とつなげてとる④3次元化させてとる)を本質的に理解し、そのパターンを超えた新しい認識パターンを獲得しない限り、思考を自由自在に活用することは不可能なのです。

 

 

脳の認識の癖については、以下の動画を参考にしてください。

 

    
「脳のクセ(仕組み)」

 

 

では、どのように認識を変化させればよいのでしょうか?

 

 

まず、人間の認識メカニズムを理解する必要があります。

 

 

皆さんは、今、自分と自分の宇宙が絶対的に存在していると思いますか?

 

 

きっと、当然だ!と思う方が殆どかもしれませんね。

 

 

しかし、この大前提が間違っているのです。

 

 

これまで絶対に有ると思った自分と自分の宇宙が無いのが当たり前であることを、論理とイメージで明確に理解し、

 

自分と自分の宇宙が消えた真実から今ここ現実を認識する新しい認識パターンを獲得できた時、自らの意志で新しい考えを取り入れ、人生を編集デザインできるようになるのです。

 

 

新しい認識方式「観術」を活用して、考えのループから脱出し創造的な毎日をつくりましょう!

 

 

塩見典子

 

テロ撲滅技術で世界を救済する日本の登場

こんにちは!

無から始まる新しいライフスタイルを提案する塩見典子です。

 

今日は、『心の時代』『無のパラダイム時代』をリードしていくための情報知識が毎日配信されているNohさんメールマガジンをご紹介します。

 

 

        f:id:shiominoriko:20170404113540j:plain

 

 

 

最近のテーマは「テロ撲滅技術で世界を救済する日本の登場」について配信されています。

 

世界の中でどんどん影響力が弱くなっているように見える日本が、なぜ世界を救済できるのか?それを可能にする技術とは何なのか?

 

わたしも毎日楽しみにしています♪

 

メールマガジンの登録は、m@noh-jesu.com に空メールを送信すればできます。

 

新しい一日の出発に、是非、ご活用くださいね!

 

=============================

 

 

おはようございます。人文ベンチャー企業家Noh Jesuです。

 

「観測する前は人間と人間の宇宙は存在しない」

すなわち「現実は錯覚であり、人間と人間の宇宙は実在しない」

 

このメールマガジンでは、この新常識を理解し、『心の時代』『無のパラダイム時代』をリードしていくための情報知識を毎日発信しています。

 

先日より、「テロ撲滅技術で世界を救済する日本の登場」をテーマに配信しています。

 

この現実世界とは一体何なのでしょうか?

 

スマートフォンのスクリーン画面で例えるならば、どのように作動させるかが決まっているプログラムの言語がありますね。そのオペレーティングシステムによって、電気が半導体の回路のどのルートを通るのかで、スクリーン画面に映像や音が出るようになっているのです。

 

そのようにスクリーン画面に出てくるのは、決められたプログラムの範囲の中で選択されるものにしか過ぎません。

 

私たちが今、目の前に見えている現実世界が立体スクリーンだとイメージしてみてください。決められた範囲の中で選択された結果が、現実に現れるのです。ですから、この現実は結果です。

 

では、制限されない本当の自分の考えはできるのでしょうか。

制限された暗記言語や情報知識を使って決めた選択判断が、正しいと言えるでしょうか。

 

私たちは現実が原因で、考えをスタートさせます。

「あなたがそう話したから、私はこう思うんです。」というのが当たり前ではないでしょうか。

 

----------------------------

12月24日発売!新刊「宇宙一美しい奇跡の数式」

http://urx.blue/Azng

 

-認識が、世界を変える!-

本メルマガを、ぜひ多くの方にお知らせください!

登録は簡単!

m@noh-jesu.com に空メールを送信

 

■質問や感想、問い合わせはこちらまで

mm@noh-jesu.com

 

■配信解除は以下のフォームから手続きください。

https://f.msgs.jp/webapp/form/18946_sacb_5/index.do

不可分な「わたしたち」で 今ここを生きる

おはようございます。

無から始まる新しいライフスタイルを提案する塩見典子です。

 

新年度が始まり、今日から初出社の新入社員の方も沢山いらっしゃいますね。^^

 

わたしも初めて社会に出た時は、それまでに経験したことのなかった沢山の出会いの中で、様々な葛藤をしながら人生を磨いていただきました。

 

砂浜の石のように、行ったり来たりしながら少しずつ、少しずつ、関係性の中でまぁるくなってきた様に思います。

 

 

そんなわたしのテーマは相変わらず「関係性」の進化です。

 

 

「わたしのため」でもなく「あなたのため」でもない、「不可分なわたしたちのため」に、今ここを選択して生きる。

 

 

 

f:id:shiominoriko:20170403095556j:plain

 

 

 

分けて固定して見てしまう人間の脳機能の限界と、その不完全を補うメタ認識技術によって「不可分なわたしたち」の実態が論理とイメージで理解・納得できれば、

 

 

実践の現場は日常の人間関係です。

 

 

元来、人間の持っている自己中心性からの脱却のための一番の近道がパートナーシップなのです。

 

 

人間の観点固定の仕組みを知らないままでは、自分と相手を絶対に実在するものとして存在させ、条件の中で関係性をつくろうとします。

 

 

相手にとって良いと思えば思うほど自分の条件を押し付けてしまったり、自分の条件で相手の言葉や行動、思い方をはかってしまったり。

 

嫌われるのが怖くて相手の条件に合わせて我慢やあきらめを蓄積するなど。

 

この関係性は、条件が変わればいつか必ず破綻してしまいます。

 

 

「わたし」と「あなた」を生み出す実態である本来の自分、オリジナルマインドそのものになって、今ここと出会う。

 

 

本質を現実で体現化する、本質と現実の「差を取る」究極の「悟り」が侍の悟りです。

 

 

洞窟や山の中で瞑想をしながら開く悟りではなく、剣と剣を交え命がけの現実の中で無の境地を活用する「侍の悟り」は、日常生活の中で本質を体現化する日本人独特のセンスを育てました。

 

 

「わたし」や「あなた」を超えた「究極のわたし」から「不可分なわたしたち」が実践可能になります。

 

 

(言葉だけ見ると頓知のようですね。^^;)

 

 

不可分なわたしたちから始まる共同体の構築、その共同体による新しい創造は、人間の究極の芸術だと思います。

 

 

まずは、不可分なわたしたちの体現を楽しみたいと思います。

 

 

みなさま、今週も素晴らしい一週間になりますように!

 

 

塩見典子