宇宙一美しい奇跡の数式「0=∞=1」から始まる新しいLife Style-

こんにちは!観術セミナー講師、認識コンサルタントの塩見典子です。このブログでは、認識技術「観術」が何なのか?なぜ必要なのか?どのように活用するのか?また、セミナーや講演会だけではお伝えできないNohさんから教えていただいた知恵や魅力的な側面をお伝えします。是非、楽しみにご覧ください。^^

考えのループから脱出しよう!

おはようございます。

無から始まる新しいライフスタイルを提案する塩見典子です。

 

今日は、私たち人間が常に行う「思考」について考えてみたいと思います。

 

朝起きてから夜眠るまで絶え間なく働く思考を土台として、私たちは生きています。

 

 

その考えの数は、一日でおよそ6万個に上ります。

 

   

f:id:shiominoriko:20170405092912j:plain

 

 

 

更に科学者によると、その内98%は前日の繰り返しで、新しい思考は6万個の内たった1000個と言われています。

 

 

人間は思考を土台として言葉・行動・関係性を築き人生を構築していますが、土台となる思考の98%が昨日の繰り返しであれば、98%の言葉・行動・関係性は昨日と同じことを繰り返していると言う事になります。

 

 

また、心理学において人間の不安・悩み・葛藤に対してこの様に言われています。

 

1)起きない未来に対しての不安が40%

 

2)もう起きた過去に対しての不安が30%

 

3)悩んでも意味がない小さな悩みが22%

 

4)悩んでも自分自身では変化不可能な悩みが4%

 

5)そして、自分が頑張れば変化させられる悩みが4%

 

 

この5つの悩みの内、意味のある悩みはどれでしょうか?

 

1)起きない未来に対しての不安

→悩んでも意味がない、妄想 

「このボルペンが桃になったらどんな味になるんだろう?」といううくらい起きない未来に対して考えを浪費する

 

 

 2)もう起きた過去に対しての不安

→現実に執着して後悔しても仕方がない、そこから何を学び、どんな未来を作りたいのかが重要

 

 

3)悩んでも意味がない小さな悩み

→目の前の人の寝癖がきになる・・・。どうでもいいよ。

 

 

4)悩んでも自分自身では変化不可能な悩み

→(自分と直接関係のない)◯◯の会社倒産するらしい、どうしよう・・。 

自分自身が直接的に関われる悩みが現実の変化をつくれる

 

 

5)そして、自分が頑張れば変化させられる悩み

 

 

この「自分が頑張れば変化させられる悩み」が唯一現実の変化につながる意味のある悩みですが、多くの人は1)~4)の96%の考えても解決しない悩みに思考を支配されやすいのです。

 

 

いつも思考を道具に、新しい自分、新しい出会い、新しい人生を過ごしたいと思っても、いつもと同じ考え感情・言葉・行動、いつもと同じ人間関係・悩み・葛藤を抱いてしまうのでしょうか。

 

 

それは思考が生まれる原因である「認識」に根深い理由があるのです。

 

 

人間の五感覚脳による認識パターン(①部分だけをとる②違いだけをとる③過去とつなげてとる④3次元化させてとる)を本質的に理解し、そのパターンを超えた新しい認識パターンを獲得しない限り、思考を自由自在に活用することは不可能なのです。

 

 

脳の認識の癖については、以下の動画を参考にしてください。

 

    
「脳のクセ(仕組み)」

 

 

では、どのように認識を変化させればよいのでしょうか?

 

 

まず、人間の認識メカニズムを理解する必要があります。

 

 

皆さんは、今、自分と自分の宇宙が絶対的に存在していると思いますか?

 

 

きっと、当然だ!と思う方が殆どかもしれませんね。

 

 

しかし、この大前提が間違っているのです。

 

 

これまで絶対に有ると思った自分と自分の宇宙が無いのが当たり前であることを、論理とイメージで明確に理解し、

 

自分と自分の宇宙が消えた真実から今ここ現実を認識する新しい認識パターンを獲得できた時、自らの意志で新しい考えを取り入れ、人生を編集デザインできるようになるのです。

 

 

新しい認識方式「観術」を活用して、考えのループから脱出し創造的な毎日をつくりましょう!

 

 

塩見典子